FX 初心者はスプレッドを意識

FX 初心者はスプレッドを意識 FX 初心者は、取引するためにはコストが必要なことを覚えておきたいところです。FXの主な取引コストというのはスプレッドと呼ばれています。スプレッドというのは、売値と買値の差になっていて、この部分が業者の利益になる部分です。つまり、売値と買値の差が少ない取引業者ほど、コストの少ないサービスということになります。

毎日繰り返して取引するような場合には、このスプレッドが非常に重要なポイントになってきて、スプレッドが広すぎると、いくら利益を出しても、スプレッドに相殺されてしまいます。スプレッドは業者ごとに全く異なってきますので、しっかりと比較して選ぶようにしましょう。

また、スプレッドの他に、スリッページという現象もコストと関係しています。スリッページというのは、狙った値段で約定せずに、少し価格がずれて約定する現象となっています。基本的には、有利な価格に滑るということはなく、不利な価格に滑ることをスリッページといいます。そのため、スプレッドが狭くても、スリッページが大きければ、あまり意味はなくなってしまうのです。これは業者のシステムの問題なので、注意深く観察するしかありません。FX 初心者はこちらもコストの一つとして覚えておきましょう。

最新ニュース